瘦せたのは、ごぼうのおかげ!?

最近、「腸内フローラ」という言葉をよく見聞きします腸の中には約40超個もの腸内細菌がいて、まるでお花畑(フローラ)のような景色が広がっているのだそうです。

腸内細菌では、ビフィズス菌や乳酸菌が有名ですが、最近注目されているのが「酪酸(らくさん)菌」。健康で長寿な人の腸内には、とくに酪酸菌が多いことが報告されています。そのため、酪酸菌は「長寿菌」とも言われます。

さらに、酪酸菌は「痩せ菌」とも呼ばれていて、ダイエット効果も期待できるとのこと。健康になって痩せられる。なんて素晴らしい菌なのでしょう。菌メダルをあげたいくらいです。

ならば、答えは簡単ですね。腸内の酪酸菌を増やせばいいのです。そのヒントになるのが「フラクトオリゴ糖」という成分。酪酸菌のエサになり、酪酸菌を増やしてくれる働きがあります。また、善玉菌を増やしても悪玉菌を増やさない。糖なのに血糖値も上げにくいため、ダイエットする人にはもってこいの成分なのです。

そして、フラクトオリゴ糖をたくさん含む食べものが、そうです、もうお分かりですね。 ごぼうです。ごぼうを食べたり、お茶にして飲んだりすることで、自然とフラクトオリゴ糖を摂ることができます。フラクトオリゴ糖は、便秘やダイエットをはじめ、花粉症、肌、免疫などにも働きかけることで期待されているのです。

腸活の主役とされるフラクトオリゴ糖。よく言われる食物繊維イヌリンは、いくつものフラクトオリゴ糖が結合したものです。健康長寿の願いが叶ったら「ごぼうのおかげ」「ありがとうオリゴ糖」と、そっと手を合わせたくなりますね。

この記事のキーワード